脱毛エステと医療脱毛の違い

脱毛エステと医療脱毛の違い

脱毛エステと医療脱毛の違いについてです。
ここでいう脱毛はレーザーを使用した脱毛のことです。
まずレーザー医療というのは、医療行為にあたるので医師免許を持っていない人が施術をするのは違法行為になります。
医療用レーザーを使用した脱毛は、皮膚科や脱毛クリニックのみで行われています。
エステサロンで見かけるレーザー脱毛というのは、医療用レーザーよりも照射パワーが弱いのでその分効果も落ちますが、脱毛する事は可能です。
パワーが弱い分効果が出るまでには、時間もかかるので1回の施術では完全に効果は出ません。
効果が高い方法としてニードル脱毛が有名ですが、これは毛穴に細い針を刺し、毛根に微粒の電流を流すのでかなり痛みがあります。
効果は高いのですが痛みがあるので、あまり人気はありません。
脱毛エステと医療脱毛の違いは、使用する機械の違いと効果を実感できるまでの時間が違うところです。
しかし根気よく通えば、脱毛エステでも十分に効果を実感できます。

脱毛エステの特徴

脱毛エステの特徴というのは、各エステサロンによって違いがあります。
レーザー脱毛や光脱毛の場合、人によっては痛みを感じることもあるといいます。
これはエステで行なっても同じですが、最近は機会も技術かかなり向上しているので、ほとんど痛みを感じずに脱毛できる方法もあります。
最近は子供も脱毛をする時代になっています。
子供は大人と比べると肌もデリケートなのですが、子供にも安心して使えるように安全性の高い機械を使用するところもあります。
子供にも使えるということは、大人にも安心ですね。
男性も美意識の多買う人が増えたことで、メンズ脱毛を取り入れているサロンも増えています。
施術をする場合は他のメニューもあるので、男女が同じ店内で行うのではなく、メンズ専用のサロンを設けそこで施術をします。
各エステサロンによって特徴があるので、その特徴を見て自分に合った脱毛エステを見つけていきましょう。
口コミや人気ランキングを参考にするのも一つの方法です。